安全・安心

トップページ > 安全・安心の取り組み

安心・安全の取り組み

衛生管理 完璧に近い厳重な衛生管理体制

東洋食品が多くのお客様(委託者)から信頼をいただいてきた第一の理由は、
完璧に近い厳重な衛生管理にあります。
調理従事者の衛生管理はもとより、厨房設備、食品の取り扱い、材料の保管に至るまで、
食品衛生法に基づいた万全の体制をとり、完璧に近いものにしています。
また、調理従事者の衛生教育は特に念入りに行っており、
採用時から、定例衛生教育など、
各種チェックリストとマニュアルによる徹底した教育を行い、
衛生意識の向上を常に図っています。

衛生管理体制

東洋食品ではさまざまな角度から衛生の自主管理体制を整えています。
徹底した衛生管理体制により前身の創業以来、食中毒ゼロ更新中です。

衛生管理体制(図)

HACCPの概念に基づく独自の衛生管理を展開

HACCP 6つで構成されるサイクルを各ポイントごとに管理する。
このプロセスをいかに管理するかが衛生管理のポイントです。

東洋食品では、【保健所出身の食品衛生監視員】にて構成された
【衛生部】を設置し、現場と一体となった衛生指導体制により、
保健所レベルの完璧な衛生管理体制を実現しています。

衛生管理業務は、HACCPの概念を主軸とした
品質管理システムに基づき、当社独自の管理体制を展開し、
継続的改善を図っています。

 

当社は、すべて“食品衛生監視員”経験者である衛生部員が全国に23名おります。
日々、当社受託施設への定期巡回指導、衛生拭き取り検査などを実施して、高品質の衛生レベルを維持しております。

      食品衛生監視員1      食品衛生監視員2      食品衛生監視員3

衛生部体制(図)

ページの先頭に戻る